頭や脳の病気と症状について解説し、その病気を専門にしている病院や診療所が探せるサイト!
病院検索・診療所検索

副鼻腔炎とは

鼻腔のまわりにある副鼻腔の炎症です。副鼻腔は空洞になっているので、うみがたまりやすく、蓄膿症ともいいます。副鼻腔には4つの腔がありますが、そのうち上顎洞と篩骨洞がおかされることが多く、1つの洞だけに炎症が起こることはまれです。急性と慢性の炎症があります。

MRIでは副鼻腔粘膜の肥厚の範囲や、膿汁貯留の程度が、CTでは炎症により冒された骨の状態を描出することに優れています。

副鼻腔炎の主な症状

≪急性副鼻腔炎≫
急性鼻炎よりも症状が激しく、発熱して頭痛があり、目の奥が痛み、ほおに緊張感が生じることもあります。痛みは目と目との間やこめかみのところに起こります。鼻汁は多くなり、濃くなってうみのようになります。無理に鼻を強くかむと頭に響き、鼻根部に異常な圧迫感があります。

≪慢性副鼻腔炎≫
ふつう鼻づまり、鼻汁がおもな症状です。鼻汁はネバネバしていて、ときに黄色みをおびています。のどのほうに鼻汁が回り、不快な感じがあります。そして、気管支炎や胃腸障害を起こすこともあります。あまり鼻汁が多くなく、鼻づまりだけのこともあります。ときに急に痛みが生じ、まぶたがはれたり、ほおのはれと緊張感が起こったりします。

副鼻腔炎の主な原因

≪急性副鼻腔炎≫
急性鼻炎やかぜに引き続いて起こります。                          

≪慢性副鼻腔炎≫
急性副鼻腔炎に引き続いて起こることが大半です。かぜをひきやすく、鼻やのどの炎症をたびたび起こしているためになる場合もありますが、偏食などによる栄養の偏り、環境、湿度、体質などの要素も大きく関係します。

初診に適した診療科

耳鼻咽喉科

このページの作成をお手伝いいただいた場合は、こちらでご紹介をさせていただきます。ご協力よろしくお願いいたします。
病院検索・診療所検索診療科別で探す症状で探す病気と症状お問い合わせ
Copyright(c)2006 病院検索・診療所検索くん All Rights Reserved.  Produced by Medical Satellite YAESU CLINIC