頭や脳の病気と症状について解説し、その病気を専門にしている病院や診療所が探せるサイト!
病院検索・診療所検索

脳炎とは

脳炎はヘルペスウィルスなどのウィルス・細菌の感染が脳に及んだものです。
髄膜炎を伴った髄膜脳炎になることがあります。軽い場合は発熱や頭痛、吐き気や嘔吐などの症状が現れますが、重症になると精神障害やけいれん、運動麻痺などを起こします。
感染原因によって異なりますが、感染から発症までに1週間から1ヶ月かかります(潜伏期間)。治療としては抗生物質の投与が中心になりますが、特効的な治療法がないので、一般的に予後は不良です。

診断には造影を含めた頭部MRIが必要です。中でも拡散強調像では炎症の範囲を描出するのに優れています。

脳炎の主な症状

(軽い場合)
発熱や頭痛、吐き気や嘔吐など

(重症)
精神障害やけいれん、運動麻痺など

脳炎の主な原因

脳炎とは日本脳炎ウィルスやヘルペスウィルスなどのウィルス・細菌の感染が脳に及んだもの

初診に適した診療科

脳神経外科

このページの作成をお手伝いいただいた場合は、こちらでご紹介をさせていただきます。ご協力よろしくお願いいたします。
病院検索・診療所検索診療科別で探す症状で探す病気と症状お問い合わせ
Copyright(c)2006 病院検索・診療所検索くん All Rights Reserved.  Produced by Medical Satellite YAESU CLINIC