頭や脳の病気と症状について解説し、その病気を専門にしている病院や診療所が探せるサイト!
病院検索・診療所検索

聴神経鞘腫とは

聴神経から発生する脳腫瘍で、神経を包んでいる膜、鞘(さや)の細胞から発生するために、聴神経鞘腫(ちょうしんけいしょうしゅ)とも呼ばれます。
良性の腫瘍であるために、脳以外の他の臓器(肝臓、肺など)に転移したり、急激に大きくなることはありません。
しかし、腫瘍は徐々に成長し、大きくなると聴神経だけでなく脳実質自体を圧迫するようになり、歩行障害、意識障害などをきたす病気です。診断には造影MRIは不可欠です。腫瘍が小さい場合でも、造影することにより、周囲の組織と明瞭に区別され、描出可能となります。
また、CT(骨条件)を加えることにより腫瘍周囲の骨変化も明瞭となります。

聴神経鞘腫の主な症状

最も多い初発症状(最初に自覚する症状)は聴力低下です。
通常、聴神経腫瘍は片側に発生しますので、腫瘍のできた側の聴力低下が発生します。電話の声が聞き取りにくい、人ごみでの会話が聞き取りにくいなどの症状で気付くことが多いようです。
耳がつまったような感じ(耳閉感)が現れることもあります。進行すると三叉神経や小脳を圧迫するようになり、三叉神経の障害による顔面のしびれ・痛み、小脳の圧迫によるふらつき・歩行障害、水頭症の合併による意識障害などの症状が出てきます。

聴神経鞘腫の主な原因

原因不明

初診に適した診療科

耳鼻咽喉科脳神経外科

このページの作成をお手伝いいただいた場合は、こちらでご紹介をさせていただきます。ご協力よろしくお願いいたします。
病院検索・診療所検索診療科別で探す症状で探す病気と症状お問い合わせ
Copyright(c)2006 病院検索・診療所検索くん All Rights Reserved.  Produced by Medical Satellite YAESU CLINIC