頭や脳の病気と症状について解説し、その病気を専門にしている病院や診療所が探せるサイト!
病院検索・診療所検索

三叉神経痛とは

炎症の原因はヘルペスというウイルスで起こる者がもっとも多く、これは内科的治療や麻酔科での治療が主になります。

三叉神経は脳からでて、頭蓋骨の底の方をつらぬいて顔面にきていますので、この経路のどこかで三叉神経が圧迫されると強いいたみやしびれがおこります。
聴神経腫瘍等三叉神経と併走している神経に生じた腫瘍による圧迫でも三叉神経痛の症状は起こります。特発性三叉神経痛と診断されているの患者さんの5〜10%に良性脳腫瘍(類上皮腫、髄膜腫など)が発見されることもわかってきました。

これらの原因を鑑別するためにも造影MRI検査は必須です。脳幹部を細かく撮影することで三叉神経の周りで神経を圧迫している可能性のある腫瘍や血管を描出することができます。また、三叉神経自体の炎症についてもMRI脂肪抑制画像での描出が可能となってきました。

三叉神経痛の主な症状

もっとも特徴的な三叉神経痛の症状は、非常に短い一瞬の刺すような痛みです。
痛みは、長くても数分以内で、しばしば歯磨き、ひげそり、顔を洗う動作などが引き金になって、顔に電気が走るような、あるいは針が刺されるような痛み発作がおこります。
また、感覚が鈍くなっていたり、しびれなどを伴うことは比較的まれです。

三叉神経痛の主な原因

三叉神経は脳の奥(脳幹部)という部分を走行していますが、ここで三叉神経が血管によって圧迫されることによって三叉神経痛が起こります。
他にも三叉神経が腫瘍などにより圧迫されたり、またいろいろな原因で炎症が起こっても痛みが起こります。

初診に適した診療科

神経内科

このページの作成をお手伝いいただいた場合は、こちらでご紹介をさせていただきます。ご協力よろしくお願いいたします。
病院検索・診療所検索診療科別で探す症状で探す病気と症状お問い合わせ
Copyright(c)2006 病院検索・診療所検索くん All Rights Reserved.  Produced by Medical Satellite YAESU CLINIC