頭や脳の病気と症状について解説し、その病気を専門にしている病院や診療所が探せるサイト!
病院検索・診療所検索

一過性脳虚血発作(TIA)とは

症状が数分から数時間で治まるのは、その間に血栓が溶けて流れ、減少した血流が回復して血管の狭窄部分の先に血液が流れるようになるためです。

一過性脳虚血の発作は、すぐに治まるため軽くみてしまいがちですが、一度でも血栓ができて血流が途絶えると、再度同じことが起こりやすくなります。

数年以内に20〜30%の確率で脳梗塞を発症するともいわれているので、適切な対処をすることが大事です。とくに高血圧を併発しているときには、細い血管の動脈硬化による血管狭窄が進んで、より血管が詰まりやすくなっているため要注意です。

一過性脳虚血発作(TIA)の主な症状

急激に脳梗塞様の症状(手足のしびれ、麻痺、脱力、顔面麻痺など)が現れ、数分から数時間で症状が消失します。

一過性脳虚血発作(TIA)の主な原因

脳の細い末梢動脈が一過性に詰まったことてで血液の流れが減少して起きる疾患で以下の2つの原因により起こります。

  1. 高血圧や糖尿病のために、細い動脈の動脈硬化が進んで血管が狭くなり、その先の血液が滞ってしまうため起こります。
  2. 心臓病の人は心臓の血管に血栓ができやすく、その小さな血栓が脳の血管を塞いで血液の流れを減少させるため起きます。

初診に適した診療科

脳神経内科内科

このページの作成をお手伝いいただいた場合は、こちらでご紹介をさせていただきます。ご協力よろしくお願いいたします。
病院検索・診療所検索診療科別で探す症状で探す病気と症状お問い合わせ
Copyright(c)2006 病院検索・診療所検索くん All Rights Reserved.  Produced by Medical Satellite YAESU CLINIC