頭や脳の病気と症状について解説し、その病気を専門にしている病院や診療所が探せるサイト!
病院検索・診療所検索

ラクナ梗塞とは

ラクナ梗塞は、細い血管がつまることによって起こるため、CTやMRIで見ると直径1.0cm以下の小さい病変です。
いわゆる脳梗塞の約半数を占めます。加齢によって殆どの人に認められますが、より進行させる原因としては高血圧が重要で、そのほか糖尿病もあげられます。

ラクナ梗塞の主な症状

脳血管のごく末梢の閉塞によって発症します。病変自体がごく小さいため、前触れ(前駆症状)はないか、まれで、安静時の発症が多く、症状が出る場合には手足がしびれる、手足の力が入らない、ろれつが回りにくいなどがあります。

加齢によって生じることが多く、症状が無くても60歳以上の人の殆どに認められます。

ラクナ梗塞の主な原因

脳血管末梢の細い血管がつまることによっておこります。細い血管は栄養する領域が狭いため、症状としても自覚しづらいか、現れにくいのが特徴です。

初診に適した診療科

脳神経内科

このページの作成をお手伝いいただいた場合は、こちらでご紹介をさせていただきます。ご協力よろしくお願いいたします。
病院検索・診療所検索診療科別で探す症状で探す病気と症状お問い合わせ
Copyright(c)2006 病院検索・診療所検索くん All Rights Reserved.  Produced by Medical Satellite YAESU CLINIC