頭や脳の病気と症状について解説し、その病気を専門にしている病院や診療所が探せるサイト!
病院検索・診療所検索

くも膜下出血とは

脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血は40歳−60歳代によくおこります。
症状としては発生部位によりますが重症では言語障害や半身麻痺を起こします。発作後2週間以内に再発する確率が高く、再発時ははじめよりも重症になることが多く前駆症状(前ぶれ)を見逃さないことが重要です。発作の前ぶれとして、強い頭痛が繰り返されることがあるので、疑わしい場合には直ちに専門医に受診することが大切です。

発作は、過労やストレスなどが引き金となって起こりやすいといわれています。

くも膜下出血の主な症状

発作時には、突然いままで経験したことがないような激しい頭痛におそわれ、同時に吐き気や嘔吐がおこります。
発作時からある程度時間が経つと、後頭部から首の後ろにかけて硬くなって痛み、首を曲げることができなくなります(頸部硬直)。意識を失って昏睡状態に陥ることもあります。

くも膜下出血の主な原因

クモ膜の下にある脳の外表を走る脳血管が破れて出血するのがクモ膜下出血です。
原因としては脳動脈瘤破裂によるものが最も多く、その他には脳動脈奇形の破断によって発症することがあります(若年者に多い)。交通事故による外傷性のものもあります。

初診に適した診療科

脳神経外科

このページの作成をお手伝いいただいた場合は、こちらでご紹介をさせていただきます。ご協力よろしくお願いいたします。
病院検索・診療所検索診療科別で探す症状で探す病気と症状お問い合わせ
Copyright(c)2006 病院検索・診療所検索くん All Rights Reserved.  Produced by Medical Satellite YAESU CLINIC